スポンサーサイト

 

Posted by スポンサー広告 at

タラクリームシチューレシピ

2009年11月03日

タラは、非常に淡白な魚なので、コクのある生クリームと牛乳で仕上げたクリームシチューにとてもよく合います。牛乳は、消化吸収のよいカルシウム源であり、栄養バランスが取れた完全食品といわれます。また、良質のたんぱく質も含まれていますから、成長期のお子さんをはじめ、骨粗しょう症が心配な女性の方に是非、積極的にとっていただきたい食品です。シチューなどの料理に使うことで、そのままではちょっと苦手!という方も、気軽にとっていただけるのではないでしょうか。ジャガイモやニンジン、マッシュルームなど、具をたくさん入れてボリュームのある魚料理にしましょう。

タラを使った魚料理 レシピ タラのクリームシチュー

◆材料(4人分)
●タラ(切り身)・・・4切れ

☆A 下ゆで
●白ワイン、水・・・各1/2カップ
●ローリエ・・・1枚
●香味野菜(セロリ、玉ねぎなど)・・・少々

☆B ホワイトソース
●バター、小麦粉・・・大さじ3
●牛乳・・・3カップ
●塩、コショウ・・・少々

●ジャガイモ・・・2個
●ニンジン・・・1本
●マッシュルーム・・・12個

●バター・・・大さじ1
●生クリーム・・・カップ1/2

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.タラは一口大に薄切りにし、塩、コショウをします。
2.ジャガイモとニンジンは乱切りに、マシュルームは縦に半分に切ります。

◆調理
3.☆Aを煮立てたなかに1のタラを入れ、さっと煮て、皮と骨を取り除きます。煮汁はこして、1カップ分取っておきます。
4.シチューなべに、☆Bのホワイトソース用のバターを溶かして、小麦粉を焦がさないように注意しながら炒め、3の煮汁、塩、コショウを加えて煮ます。
5.1のタラ、2のジャガイモ、ニンジン、マシュルームをバター大さじ1で炒めます。
6.4のなべに5を加えて煮、仕上げに生クリームをまわし入れて出来上がり。
 


Posted by weblog at 10:35Comments(0)メイン

カキみそグラタンレシピ

2009年10月31日

みそを加えることでカキの生臭さを和らげ、栄養価をアップさせます。カキには、ビタミンAが豊富に含まれ、目や肌のトラブルに効果があるといわれます。内臓の部分が厚く、ふっくらとしてはりのあるものが新鮮です。11~4月のまがきは、グリコーゲンをたっぷりと含み、おいしいです。みそには、酵母や乳酸菌など数々の有効成分が含まれ、優れた発酵食品です。おいしいみそは、つやがあり、香りが良いです。白みそ、赤みそ、淡色みそなどがあります。それぞれのご家庭で慣れ親しんだみその味がおありになるかと思います。このカキのグラタンでも、お好みのみそをお使いください。

カキを使った魚介料理 レシピ カキのみそグラタン

◆材料(4人分)
●カキ・・・300g
●塩、コショウ、酒・・・適宜

●長ネギ・・・2本
●バター・・・大さじ1と1/2
●小麦粉・・・大さじ2
●牛乳・・・2カップ
●みそ・・・大さじ2
●粉チーズ・・・大さじ2
●コショウ・・・少々

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カキは、ざるに入れて塩水でふり洗いをし、水気をふきとって塩、コショウをします。フライパンに入れて、酒をふり、弱火で加熱します。カキがぷっくりとふくれたら火を止めます。
2.長ネギは、3cmのぶつ切りにし、バターで炒め、塩、コショウ、小麦粉をふってさらに炒めます。
3.2に牛乳、みそを加え、煮立ったら火を弱めて1分煮ます。
4.3に1のカキを加えてひと混ぜします。
5.耐熱皿に薄くバター(分量外)を塗り、4を入れ、粉チーズをふります。220℃に熱したオーブンで20分焼きます。
*オーブントースターでもおいしく焼けます。時間を短くし、焦げそうなときはアルミホイルをかぶせてください。
 


Posted by weblog at 12:00Comments(0)メイン